• HOME
  • Level-1
  • Level-2
  • Level-3

歯科 - 事業のご案内

歯科

生協森の宮歯科

〒537-0025
大阪市東成区中道1-10-35
TEL: 06(6975)0841
morinomiya-shika@health-coop.jp

生協森の宮歯科外観
○診療科目
・一般歯科、矯正、インプラント、小児、障がい者歯科
○診療体制
時間 科目 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前診
9:00~12:00
一般 池田 池田 池田 池田 池田 池田(1.3.5)
柏樹 柏樹 柏樹 柏樹 柏樹 柏樹(2.4.5)
松原 松原(1.2.3.5) 松原 松原 井上 松原(2.4.5)
矢間 矢間 矢間 矢間 松原 矢間(1.3.5)
高田 高田 高田 高田 矢間 高田(2.4.5)
午後診
14:00~16:00
一般 池田 池田 池田 池田 池田 休診
柏樹 柏樹 柏樹 柏樹 柏樹
松原 松原(1.2.3.5) 松原 松原 井土
矢間 矢間 矢間 矢間 松原
高田 高田 高田 高田 矢間
往診
夜間診
17:30~20:00
一般 池田 池田 松原 休診 池田
矢間 柏樹 矢間 柏樹
  高田   松原
矯正 山本 休診 山本
柏樹 辻(1.2.3)
多田 井土
※第1、3木曜日午後休診 日曜、祝日、12/30~1/4年末年始休診
初診申込書 問診表 携帯カメラで矯正相談
○規模
・ユニット数 13台 常勤医師5名、パート医師1名
歯科衛生士8名、歯科衛生士パート4名
歯科技工士3名
歯科助手パート2名
事務2名、事務パート1名
スタッフ
○特徴
生協森の宮歯科は、1981年に創設。2009年に新築移転しました。生協森の宮歯科は、大型の歯科として延べ2500名となる矯正治療やインプラントなどの専門医療、障害者医療、在宅や施設への訪問治療、歯科衛生士を中心とした予防歯科の取り組み、院内技工士による低価格で安心の技工物の作成などの医療を実施してきました。
(1)患者さんのプライバシーが守れます。患者さんは、専用通路から出入し、チェアーはついたてで仕切られます。他の患者さんに見られたり、スタッフとぶつかったりすることがなく治療が受けられます。
(2)組合員の歯をじょうぶで長持ちさせる保健、医療を重視しています。ブラシング指導が出来る個室をつくりました。
(3)歯科自費は、確かな技術で安心の低価格で提供します。
矯正歯科は、30年にわたって2500人の治療を行ってきました。インプラントは、オペ室で複数の医師がかかわり安全に実施ます。歯科技工物は、質の高い入れ歯を技工士が作成します。
(4)画像などの患者さんの情報を提供します。
電子カルテは、患者さんの口腔内の写真、パノラマなどのレントゲン写真をカラープリントして患者さんにお渡しできます。自分の口腔内の状況や治療の経過もよりわかりやすく情報提供できます。

  • 電子カルテ
    電子カルテ
  • 電子カルテ
    電子カルテ
  • 電子カルテ
    電子カルテ
  • 廊下
    廊下
  • 廊下
    廊下
  • 診察室(2F)
    診察室(2F)
  • 送迎車
    送迎車
  • 診察室(1F北側)
    診察室(1F北側)
  • 診察室(1F南側)
    診察室(1F南側)
  • 待合室
    待合室
  • 待合室
    待合室
○所長・スタッフ紹介
当医院のスタッフ紹介です。
(所長) 池田 善一(イケダ ヨシカズ)
私たちスタッフ一同は、生協の歯科として安全安心の保健、医療に取り組みます。特に、いつまでも健康な食生活が送れるように、歯をじょうぶで長持ちさせる医療に力を入れて参ります。また、歯列矯正、インプラント、自費の技工物など確かな技術で質の高い医療を低価格で提供いたします。
略歴
1994年 徳島大学歯学部卒業
1998年 徳島大学大学院歯学研究科卒業(歯科博士)
生活協同組合ヘルスコープおおさか
(旧大阪中央医療生協)入職
コープおおさか病院歯科
(旧うえに病院歯科)
2010年2月 生協森の宮歯科所長就任
池田善一所長
(歯科医師) 柏樹 和 医師
1998年大阪大学歯学部卒業
同年 生活協同組合ヘルスコープおおさか(旧大阪中央医療生協)入職
生協森の宮歯科へ着任
2010年生協森の宮歯科医局長就任
柏樹和医師
(歯科医師) 松原 有里 医師
2005年大阪歯科大学卒業
日本口腔外科学会認定医
日本口腔診断学会
2013年生活協同組合ヘルスコープおおさか入職
生協森の宮歯科着任
松原有里医師
(歯科医師) 矢間 雄貴 医師
2010年福岡県立北九州歯科大学卒業
2016年生活協同組合ヘルスコープおおさか入職
生協森の宮歯科着任
矢間雄貴医師
(歯科医師) 高田 翔一 医師
2011年鹿児島大学卒業
2016年生活協同組合ヘルスコープおおさか入職
コープおおさか病院歯科着任
2016年11月生協森の宮歯科着任
高田翔一医師
(歯科衛生士)
歯科衛生士は、常勤で7名、非常勤で6名の衛生士が働いています。衛生士の仕事は、医師の診療介助、歯周病の検査、歯垢や歯石など除去、歯周病の説明、歯磨き指導などです。特に生協森の宮歯科は、病衛生士を多く配置し、歯周病予防に重点を置いています。
歯科衛生士
(歯科技工士)
歯科技工士は、常勤3名、非常勤1名が働いています。技工士の仕事は、患者さんの歯にぴったり合う入れ歯や補綴物を作成することです。歯科医院の多くは、技工物を外部に委託しているところが多い中、患者さんに安全安心の技工物を提供するために院内技工にこだわっています。歯科の技工物は、制度の問題もあり医療保険がきく物と全額自費となる物があります。当院の自費の技工物は、世間相場からみて低価格で提供しています。
歯科技工士
組合員を主体にした建設運動
集会生協森の宮歯科の建設運動は、2007年秋に隣接地で借地権購入が決定され、建設委員会が発足しました。建設委員会総会、わっはっ歯建設まつり、地鎮祭、上棟式など行事を成功させる中、地域との接点も広がり、地元町会からも大きな期待がよせられました。
地域の期待を集め竣工式を開催
開院に先立ち竣工式が7月25日に開催され、200名が参加者しました。竣工式には、地元の北中道連合町会の方々をはじめ、建設関係、取引業者、民意連、生協関係のみなさんがお祝にかけつけてくださいました。
また、地元の子どもたちによる太鼓、地域の生涯学習のみなさんと組合員による大合唱などが披露されました。生協森の宮歯科で働いたことのある元職員のみなさんも多数かけつけ、竣工式終了後同窓会も開催されました。
竣工式終了後は、見学会が開催され建設を心待ちにしていた患者さんや地域のみなさんが訪れ、見学し診療予約をとっておられました。
生協森の宮歯科29年の歴史
生協森の宮歯科外観生協森の宮歯科は、一般外来治療にくわえて、大型の歯科診療所として延べ2500名となる矯正治療やインプラントなどの専門医療、障害者医療、在宅や施設への訪問治療、歯科衛生士を中心とした予防歯科の取り組み、院内技工士による低価格で安心の技工物の作成などの医療を実施してきました。森ノ宮駅駅から近いこともあり、近畿一円からの利用者も多いのが特徴です。
また生協森の宮歯科は大阪民医連、医療生協歯科のセンター的な役割を果たし、4ヶ所の歯科開設時に医師やスタッフの派遣なども積極的におこなってきました。